●佛日寺の御朱印







 佛日寺の歴史を記した『摩耶山寺志』(寛文13年)には、以下のように記されています。

  殿之額開山老人書山僧題柱云荘厳寶刹即荘
  厳離荘厳便登寶所相好金容非相好名相好頓
  現金身 ⇒本文写真

また当資料の境内図には、

と描されており、創建当初の本堂には開山隠元禅師の題されたの額が掲げられており「瑞光殿」と称されていたことが分かります。
 以上により、当寺では平成27年(以前は本山萬福寺にならい「大雄宝殿」)より「瑞光殿」の御朱印を授与させて頂いております。ご所望の方は当寺の玄関までお越し下さい。
※住職留守の場合もございますのでご了承下さい。